マイカー通勤許可申請書





サロンの立地によっては、スタッフがマイカーで通勤をすることを余儀なくされるケースがあります。しかしながら、マイカー通勤は許可制とし、勝手なマイカー通勤は認めないようにするべきです。



そこで「マイカー通勤申請書」を作成し、スタッフより提出していただきましょう。



通勤途上で事故に遭い働けなくなると、スタッフには労災保険から休業給付金が支給されます。その手続きには会社の証明が必要となりますので、もしものとき会社は「知らない」とは言えません。マイカー通勤ではスタッフが加害者となることもあります。通勤に使っていた車両が任意保険に加入していなかったなどということが絶対にあってはいけません。このようなことがないように、会社は規定を取り決めておかなければなりません。



マイカー通勤管理規定のポイント

マイカー通勤を許可するにあたり、重要な要件は以下の2点です。



1)原則として、他に適当な通勤手段がない場合に限り許可すること。

2)許可は無制限とせず、自動車保険(対人・対物無制限が望ましい)の保証期間と連動させること。



新入社員や若いスタッフの通勤車は家族名義の車ということもあります。マイカー通勤許可書には車両名義人と続柄も書いてもらい、自動車保険の証書の写しも添付してもらいましょう。



事故は思いがけないときに起こりますが、保険切れを忘れていることはしばしあります。許可制に管理はこうした「うっかり」を防ぐことができます。



サロンの駐車場に違法改造をうかがわせる車が2台、3台になり‥といったトラブルも防ぐことができます。





まとめ

マイカー通勤の許可は一定の保険に加入し、運転の技能に疑問がなく、会社が認めた場合に限るべきです。



免許取りたてのマイカー通勤は考えもの。万が一のときにもめごとにならないよう、「マイカー通勤許可申請書」の提出を義務付けて慎重に対応すべきでしょう。


ダウンロードするには会員になる必要があります。